リッドキララ 使い方

リッドキララは正しい使い方で効果を実感しよう!

たるんだまぶたで老けて見られるのは損ですよね。そんな悩みを解消してハリのあるまぶたに導くリッドキララ。

 

評判の良いリッドキララですが、正しい使い方をしないと効果を半減させてしまうかもしれません。より効果を実感できる正しい使い方をご紹介します。

 

基本、1日2回朝夜使います。お肌が清潔な状態で使うとより浸透し効果も実感しやすくなります。使い方にはいくつかもポイントがあります。コツを押さえてハリのある引き締まったまぶたを取り戻しましょう。

 

 

リッドキララの正しい使い方
※使用量の目安は1回両まぶたで1プッシュです。

 

前準備

洗顔後、水分を拭き取り基礎化粧品でお肌を整えます。このとき油分や水分がお肌に残っているとリッドキララが密着しにくく変化を十分得られなくなるので注意してください。

 

ジェルをつける

リッドキララを1プッシュ手の甲に取り、眉に沿って指で塗布する部分を引き上げながら、ジェルをまぶたの4箇所にのせます。

 

リッドキララの使い方

 

 

引き上げながら伸ばす

まぶたを引き上げたまま、もう片方の手でジェルをこめかみの方へ向かって、まぶた全体からこめかみの隅々までしっかり伸ばします。優しく指を滑らせるように塗布するのがポイントです。

 

リッドキララの使い方

 

 

浸透させる

まぶたを引き上げたまま、5秒から10秒位優しく押さえ美容成分を角質層まで良く浸透させます。

 

リッドキララの使い方

 

 

3次元密着フィルムができる

まぶたを引き上げたままジェルをしっかりと乾かします。このことで皮膜ができ引き上げ効果が期待できます。

 

 

リッドキララの使い方で注意すること

 

目に入らないようにしてください

粘膜ギリギリまで塗らないように意識するように使ってください。万が一誤って目に入ったときは速やかに水で洗い流してください。痛み・赤み・違和感が残る場合は医師に相談してください。

 

強くこすり過ぎない

目の周りの皮膚はとてもデリケートです。成分を馴染ませようと強くこすり過ぎると、酷い場合色素沈着などの悩みの原因に繋がります。優しく伸ばすようにしてください。

 

 

リッドキララの使い方のまとめ

 

リッドキララはコツを掴めば効果的に使用できます。初めは戸惑うかもしれませんが直ぐに慣れると思われます。

 

リッドキララを正しい使い方で使用し、引き締まったハリのあるクッキリ目元を取り戻してくださいね。

 

 

>>リッドキララ全額返金保証付きでの購入はこちら